PEPS Wire EDM - Out Of This World PEPS Wire EDM - Out Of This World PEPS Wire EDM - Out Of This World PEPS Wire EDM - Out Of This World

PEPSワイヤ加工 – 天下一品

1996年に設立されたNext Intent (米国カリフォルニア)は、自らの機械加工設備を使って航空機、軍事、科学を含む幅広い業種の試作品製作と部品加工を手掛ける専門外注加工業として、その名を広めて来ました。

顧客リストにはATK、Lockheed Martin、Raytheon、Superconductor Technologies、JPL(Jet Propulsion Laboratory)などの一流企業が名を連ねています。Next IntentはNASA Mars Phoenix LanderやMars Roversなどのいくつものプロジェクトに関わって、Roverの車輪、サスペンションアーム、接続金具、カメラの各部品を製造して来ました。

社員数32人の会社は、現在の景気でも競争力を維持出来るようにするため、最新のCAD/CAMと工作機械への投資を開発方針として来ました。この革新的開発方針に基づき、ワイヤ加工用にPEPS WireとSodickワイヤ加工機3台を導入しました。2003年にNext Intentは最初のSodick AQ750Lを購入し、そして2005年にはワイヤ加工をサポートするためのKC1穴加工を含むSodick AQ325lを購入しました。そして最終的に2007年、部品多軸割り出し加工の生産性を向上するためにSodick AQ300l 5軸(オプションで6軸)加工機を購入しました。

Next Intentには、ステンレス鋼、ニトロン、アンバー、Vimvar、アルミ、チタン、インコネル、青銅、銅、Macor、PET (Ertalyte)、PPS、PBS、Ultem、Acetal (Delrin)、UHMW、Turcite、Vespel、PEEK、Celezole、ナイロン含む全ての種類の材料を0.0002の精度で加工するための250年以上に渡る経験があります。「これが大きな優位点です。」と製造マネージャーChris Bakerは説明します。「我々には顧客の要求に関する知識があります。また費用削減、品質向上、市場投入に関して顧客を支援し顧客との関係を発展させる事で、この業界のリーダーに成る事が出来ました。」

航空機業界で働いた19年以上の経験を持つ製造工程エンジニアMatt Redmanは、PEPSとSodickワイヤEDMマシンの導入により、如何に製造工程に変革をもたらす事が出来たかを説明します。「私は長期間に渡り製造に携わって来ましたが、Next Intentが最初のSodickを購入するまでは、プログラミングやワイヤEDMマシン操作の経験はありませんでした。我々は他社の3つのCAD/CAMシステムと比較するベンチマークテストを行った結果、Sodickマシンの加工条件が組み込まれている事、また顧客のソリッドモデルから形状を抽出出来る事からPEPSを選択しました。」

PEPSワイヤEDMの優位点は、Lawarance Livermore National Laboratoryの最近のプロジェクトでも明らかになりました。そこでは、Next Intentは1500個以上のアクチュエイター・アセンブリーの加工と出荷までを時間通り行い、プロジェクト計画からクリーンルームでの組立と試験までを予定通りこなしました。アセンブリーの重要部品の加工に際しては、追加設定なしに詳細部分を加工するために、部品を回転するための特殊なワイヤEDM操作を必要としました。Sodick AQ300l回転軸を加え、かつPEPS内のsoftware technologyをサポートする事で、Next Intentは無事に部品を稼働させる事に成功し、生産時間を増やして、全体のサイクルタイムを50%以上短縮する事が出来ました。

サポートとトレーニングに関してMattは続けます。「3日間の基本トレーニングクラスの後、私は自信を持ってシステムを使えるようになり、生産性向上に貢献出来ました。さらに上級のオプションに進むのは簡単で、4年後にはさらに勉強してPEPSの最新機能を使い続けていると思います。顧客サービスと技術サポートには満足しています。どんな質問や課題に対しても迅速に処理が行われ、技術に精通した回答が返って来ます。」

最後に、製造マネージャーChris Bakerは、如何にPEPSが全ての期待を大きく上回ったかを説明します。「ソフトウェアは常に出荷され、また拡張モジュールでシステムを拡張する事で、より費用対効果の高いもののなります。基礎から始め、システムを習得するに連れて拡張モジュールを利用出来るので、生産現場にとっては大いに助かります。」

 

ユーザー情報:

会社名: Next Intent

Webwww.nextintent.com

 

導入効果:

  • Sodick AQ300I 回転軸のサポート
  • プログラミング時間を最大50%削減
  • 高度に調整が可能な機械毎のポストプロセッサ
 
コメント:
 

"我々は他社の3つのCAD/CAMシステムと比較するベンチマークテストを行った結果、Sodickマシンの加工条件が組み込まれている事からPEPSを選択しました。”

Matt Redman

 

前へ  |  次へ